会社概要/沿革

ホーム会社情報(経営方針) > 会社概要/沿革

会社概要

商号 株式会社 大清
創業 大正12年(1923年)
代表者 代表取締役社長 大藪淳一
資本金 2400万円
事業内容 管継手、バルブ、ポンプ、水道用品、ボイラー用品
自動制御機器、熱管理機器、配管工具、各種計器
住宅設備機器の専門商社
事業所 【本社】
〒461−0011
愛知県名古屋市東区白壁4-95
Tel 052−931−1506
Fax 052−932−0681
【東京営業所】
〒103ー0001
東京都中央区日本橋小伝馬町9-6 松村ビル5F
Tel 03−3669−1435
Fax 03−3669−1436
取引銀行 三菱東京UFJ銀行東支店、大垣共立銀行大曽根支店

沿革

大正12年 2月 名古屋市東区東外堀町に個人経営大清商店を初代大藪清吾が創業
昭和36年 2月 現在地東区白壁4-95に社屋新築移転
昭和37年 5月 個人経営大清商店を法人組織に変更
昭和38年 2月 愛知県管工機材商業協同組合初代理事長に大藪清吾が就任
昭和41年 8月 大藪育三が代表取締役に就任
昭和45年 5月 (株)大清商店を㈱大清に商号変更
昭和47年 5月 隣接地を社屋拡大のため取得
昭和51年 6月 社屋改築及び倉庫新設
平成 7年 5月 愛知県管工機材商業協同組合第10代目理事長に大藪育三が就任
平成15年11月 大藪淳一が代表取締役に就任
平成19年10月 1,200万円増資し、資本金2,400万円になる
平成27年 7月 東京営業所開設
平成29年 1月 愛知県管工機材商業協同組合第17代目理事長に大藪淳一が就任